シストレにおきましても…。

海外FX支持率ナンバーワンはXMtrading!
XM口座の最高レバレッジは888倍!
XM口座開設方法はこちら

デイトレードとは、スキャルピングの売り買いするタイミングを更に長めにしたもので、現実的には数時間から1日以内に決済を終えてしまうトレードだとされます。
今日では、どの海外FX会社も売買手数料を取るようなことはしていませんが、同様なものとしてスプレッドがあり、それが現実の海外FX会社の利益になるわけです。
スイングトレードを行なうことにすれば、いくら短いとしても数日間、長期ということになると数か月という売買になるので、毎日流れるニュースなどを参照しながら、数日から数ヶ月タームの世界的な経済情勢を予測し投資することが可能です。
シストレにおきましても、新規に発注する時に、証拠金余力が必要な証拠金額を満たしていない場合は、新たに「売り・買い」を入れることはできないことになっているのです。
シストレと申しますのは、自動売買プログラムに従って行われる自動売買取引のことを指し、取り引き前に規則を定めておき、それに準拠する形でオートマチカルに「売りと買い」を終了するという取引なのです。

シストレの一番の優位点は、要らぬ感情が無視される点ではないでしょうか?裁量トレードの場合は、100パーセント感情が取り引きを進めていく中で入ってしまうでしょう。
海外FX取引の中で、最も浸透している取引スタイルだと言われるのが「デイトレード」なのです。毎日獲得できる利益をしっかりとものにするというのが、このトレードのやり方なのです。
スキャルピングと呼ばれるのは、1売買あたり数銭から数十銭ほどの本当に小さな利幅を追っ掛け、一日に何度も取引を行なって薄利を積み上げる、れっきとした売買手法になります。
FX取引の場合は、あたかも「てこ」の様に僅かな額の証拠金で、最大25倍もの取り引きができるルールがあり、証拠金と事実上の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と言っています。
メタトレーダー4をパソコンに設置して、ネットに繋いだ状態で常に動かしておけば、遊びに行っている間も自動で海外FX取引を完結してくれるのです。

私自身は概ねデイトレードで取り引きを行なっていたのですが、近頃はより大きな利益を出すことができるスイングトレード手法で取り引きを行なうようになりました。
シストレというのは、そのソフトウェアとそれを着実に動かしてくれるPCが高すぎたので、古くは一定のお金を持っている投資家だけが行なっていたというのが実態です。
レバレッジがあるので、証拠金がそれほど高額じゃなくてもその何倍もの取り引きをすることが可能で、たくさんの利益も狙えますが、その裏返しでリスクも高まるので、絶対に無理することなくレバレッジ設定してください。
証拠金を納入して外貨を買い、そのままキープし続けている状態のことを「ポジションを持つ」と言っています。反対に、キープしている通貨を売却してしまうことを「ポジションの解消」と言うのです。
チャートの時系列的変動を分析して、売買する時期の判定をすることをテクニカル分析と称しますが、このテクニカル分析さえできるようになれば、売買の好機を外すようなことも減少すると思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする